展示の見方・楽しみ方

展示の見方・楽しみ方


〜「なるほどガイド」と「深いい?話」〜

 博物館や美術館の展示を真底から楽しむことにおいて、どんなに貴重な標本も、巧みな解説も、「体験」に勝るものはありません。トンボ捕りをしたことがない人にトンボと関わる楽しさを伝えることはもちろん、昆虫標本を作ったことも無く、魚を飼ったこともない人に、展示標本の出来栄えや飼育展示されている魚たちが上手に飼われているのかどうかを評価してもらうことは大変難しいことです。経験は知識の母、多くの経験から得た知識は教養となり、感動の大きさは教養の多寡に比例するのです。

 とは言いながら、人生経験の乏しい子供さんから人生の達人まで、入館される全ての方により高い満足度をお持ち帰りいただけるよう、生態系的思考法を駆使し、展示物の見方と裏事情をスパイシーに解説しているのが「なるほどガイド」と「深いい?話」です。館内約100ヶ所に掲示してあり、「深いい?話」の方はQRコード付き、四万十なまりもお楽しみいただけます。


なるほどガイド
  1.見立て文化
  2.似た者同士はケンカする
  3.虫好きは根明か?
   
   
   
深いい?話
  1.飼われているのはどっち
  2.神も仏もある話
  3.展示について
   
   
   


 

もどる Copyright 公益社団法人 トンボと自然を考える会 All Rights Reserved.